シミトリーで衣類のシミも取れるのか実験してみた٩( ‘ω’ )و

シミトリ―は、浸透力が高くシミや美白に確かな効果を発揮する実力派オールインワンジェルです。

 

そんなシミトリ―なら、肌のシミだけじゃなく衣類のシミも落とせるんじゃ・・

と考えたのは私だけではないはず!

 

そこで今回は、シミトリ―で衣類のシミは落ちるのか実験してみました٩( ‘ω’ )و

どんな結果になるのか楽しみです!

 

シミトリ―で衣類のシミはとれる?大実験!

今回は衣類のシミのサンプルとして、ガーゼ生地にカレーのシミをつけてみました。

ちなみにシミをつけてから3日くらい放置してます。

 

・・これ、完全に落ちないやつですね(;´Д`)

 

こういうシミの場合、洗濯する前にシミ部分に漂白剤をつけてから洗うという人が多いかもしれません。

 

まずは、この漂白剤の代わりにシミトリ―をたっぷり塗ってみます。

比較のため、左側は何も塗らずにそのままです。

この状態で30分程置いた後、いつもと同じように洗濯開始!

洗い8分、すすぎ1回コースで試しました٩( ‘ω’ )و

 

 

シミトリーで衣類のシミは取れたのか?結果は・・

一通り洗濯して乾かしてみました。

う~~ん、どうでしょうか??・・(笑)

 

若干シミトリ―塗布の右側の方がシミが薄くなっているような気もしますよね。

でもこれくらいシミのあとが残っていると「シミが取れた」とは言えないのかも(⌒-⌒; )

 

とはいえカレーのシミなので、漂白剤を使ってもなかなか落ちにくいタイプのシミにはなるかもしれませんが・・

どうやらシミトリーだけでは衣類のシミまでは落ちないみたいですね。

 

 

シミトリーの美白成分はシミをなくすよりも作らない効果

シミトリ―に含まれるシミを薄くする成分は、主にアルブチンという美白成分です。

この成分の特徴は、肌にできるメラニン色素を防止してくれること。

 

つまり、シミを消すというよりは、新しいシミを作らないよう働きかけるような感じです。

 

さらにシミトリ―には、美白効果を最大に引き上げるフラバンジェノールも配合されています。

 

通常の美白化粧品は、アルブチンが単体でしか含まれていないことに対し、

シミトリーの場合は、この二つのダブル作用によって、美白効果が約4〜5倍くらい高くなるようです。

 

また、シミトリ―に含まれる美容成分は肌細胞と似た構造で作られています。

そのため、成分がすぐにシミのもとを作る細胞(メラノサイト)がある肌の奥深くまで浸透しやすいというメリットも感じられるようですね。

 

シミトリ―は、今シミが気になっている人はもちろん、シミのない美白肌をずっと保ちたいという人にもオススメです^^

 

特にシミの原因が、新しいシミができやすいという方の場合効果が出やすいようです。

理由は、シミの原因を作らないままターンオーバーを繰り返すことで、古いシミは剥がれ、新しいシミは出てこないからなんだそう。

 

言われてみると、もともとあったシミを消すのってなんか不自然というか、体に悪そうですよね。

 

シミトリーの場合は、肌を漂白するというよりも、

体内で作られた肌細胞を綺麗なまま肌の表面に押し上げる

という感じで、肌を白くさせ、シミが目立たなくなっていくようです。

 

 

肌へ負担をかけることなくシミを徐々に減らしていく!シミトリーを特別価格で試してみる>>
 

 

洗濯洗剤の漂白成分について

一方で洗濯洗剤に含まれる漂白成分は、過酸化水素や過炭酸ナトリウムです。

この成分は、泡で汚れをはがし取ったり油汚れを分解したりすることで衣類を白くします。

 

つまりシミトリ―の美白成分と洗濯洗剤の漂白成分では、白くする仕組みが全く違うんです。

お肌のシミを白くしてくれる成分が衣類のシミも白くしてくれるわけではない、と言えそうです。

 

 

シミトリーで衣類のシミも取れるのか(まとめ)

予想通り、シミトリ―では衣類のシミを取ることはできませんでした(⌒-⌒; )

シミトリーのシミ抑制効果は、お肌でしか効果を発揮できません(笑)

 

ただ、お肌のシミには優しく働きかけることは確かでした。

妊婦さんや、子育て中のママからの支持が高いのも納得できますね(╹◡╹)。

 

シミトリーをお得な金額で試せる!シミトリー の公式サイトはこちらです>>